平和、パチスロ「ルパン三世 主役は銭形2」ロングPV公開!枚数管理型AT機として登場

スポンサーサイト

  • --年--月--日
  • カテゴリ:スポンサー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

平和、パチスロ「ルパン三世 主役は銭形2」ロングPV公開!枚数管理型AT機として登場

  • 2013年12月19日
  • カテゴリ:パチスロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平和がパチスロ「ルパン三世 主役は銭形2」を発表しました、導入日は2月3日を予定しているようです。続きからは予備のニコ動でもみれますよ。


ストック4.5号機として2004年に発売された初代から、約9年ぶりにあの銭形が復活します。
初代は BIG1回で 711枚が獲得でき、さらに30%の確率でそのBIGが3G以内に連チャンするという凄まじい仕様でした。当時はそれでも「物足りないなー」なんて言っていましたが、今思えば短時間でも勝負になる漢らしい台でしたね。

「銭形2」はサミーの成功をみてか、ゲーム数上乗せシステムではなく、枚数管理型のシステムが採用されているようです。多彩すぎる演出は動画で見て頂くとして、仕様を分かる範囲で紹介します。

・純増は1G/2.8枚のAT機
・初期枚数150~最大711枚、初期枚数は最初の7揃いで抽選。
シングル揃いは最低150枚以上
ダブル揃いは最低200枚以上
トリプル揃いは最低300枚以上
・3G連は銭形BIG終了後に銭形が登場でチャンス(ルパンを逮捕で3G連)


数々の上乗せゾーンが搭載されていますが、中でもタイプライター演出高確率ゾーン「タイプラッシュ」は、演出発生すると必ず3桁の枚数が上乗せされれるという熱いゾーンで継続率は80%。
この他「SUPER HERO」図柄が揃えばこれまでに獲得した枚数をルパンが盗んでいき、減った分はそのまま獲得枚数として再獲得できるという、これまでにない減算型の上乗せゾーンを搭載しています。

「ゼニガターボ」なんかは演出が派手になりすぎて、もはや銭形である必要があったのかどうか…。来年の2月を楽しみにしておきましょう。



警部銭形 第3のシナリオ編 (アクションコミックス)
モンキー・パンチ
双葉社 (2013-06-28)
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。