久しぶりにハネモノの新台が登場!『ハネモノ デビルマン倶楽部α』導入日など

スポンサーサイト

  • --年--月--日
  • カテゴリ:スポンサー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

久しぶりにハネモノの新台が登場!『ハネモノ デビルマン倶楽部α』導入日など

  • 2013年01月13日
  • カテゴリ:パチンコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューギンより『ハネモノ デビルマン倶楽部α』が発表されました、導入日は2月上旬を予定しているようです。ニコ動で見たい方は続きより~


各メーカーが2年に一度ぐらいのペースで発売する羽根物がニューギンより登場します。
2003年に発売された「デビルマン倶楽部」の後継機という事で、前作のウリであった王道の中央ルートからの入賞だけでなく、跳ね返りなどによる「イレギュラーな入賞」といった部分が継承されているそうな。

この他で言えば、通常時にボタンを押すことで「クラシックモード」「アルファモード」「ピコピコモード」といった、3つのモードから選択して遊ぶことができます。
振り分けなどは以下のように

保留1個まで
ラウンド(振分け):2R(実1R:34%)or8R(実7R:33%)or16R(実15R:33%)
賞球:3&11&9&10
カウント:10C
出玉:約60個or440個or940個


おおよそ均等に3割でラウンド数が振り分けられます、オーソドックスなタイプですね。
保留も1個ありということで無駄球もあまり気にしなくても良いかも?

余談ですが羽根物って入賞した瞬間にセグを見ると抽選の前にラウンド数が分かってしまう事が多いですよね、2Rが点灯していたときの絶望感たるや復活も期待できないという…好んで打つ方は別ですが、平台を打っているということは他でいいだけ殺られての最終的な未練打ちなわけですよ。最後に少しは夢を見せろと!焼け石に水だけど 900発が欲しいんだと。
さて、この台はどうでしょうか。

公式サイトはこちら
http://www.newgin.co.jp/pub/machine/devilman_club/feature.html

この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。