山佐のサイコロスロットが復活!「キュロゴス2」紹介動画、導入日、仕様など

スポンサーサイト

  • --年--月--日
  • カテゴリ:スポンサー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

山佐のサイコロスロットが復活!「キュロゴス2」紹介動画、導入日、仕様など

  • 2012年10月28日
  • カテゴリ:パチスロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山佐が『キュロゴス2』を発表しました、導入日は11月19日を予定しているようです。ニコ動で見たい方は続きより~


4号機時代に液晶搭載機種第2弾として登場した「キュロゴス」が装いも新たに復活!
当時、液晶第一弾「タイムクロスA」程は導入されなかった印象ではありますが、液晶と成立フラグが織りなすハーモニーは当時としては画期的でしたね。

そんな『キュロゴス2』の中身ですが、ART特化型でゲーム数と自力解除による初当たり抽選が行われる、いわゆる「モンキースペック」との事。
1セット50G、1G/純増枚数:約2.0枚、特定役によるゲーム数の上乗せ抽選+ゲーム数消化後は継続率による転落抽選が行われます。天井も1280Gとモンキーターンの仕様を完全継承。

真新しいシステムとしては「無茶振りガチダイス」と呼ばれる1G限定の上乗せゾーンがあり、ダイスの数を自分の引きで決定し(最高100個)、そのサイコロをガチで振って出た目の合計がゲーム数として上乗せされます。つまり全部6を出せばいいという簡単なお仕事です。
なお、突入率は1/4900との事、体調が良ければ1,2回ぐらいは引けるでしょう。

この他、1/16000 でフリーズが発生すると「激スゴボーナス」に突入、詳しくは下の動画を見ていただくとして、こちらのサイコロの出目もガチの抽選となっているそうです。

楽しみな半面、キン肉マンの的なあれだったら困りますよね。




この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。