次回大当たりまで42秒!?加速装置付きの『CR餓狼伝説~双撃~』動画、導入日、スペック

スポンサーサイト

  • --年--月--日
  • カテゴリ:スポンサー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

次回大当たりまで42秒!?加速装置付きの『CR餓狼伝説~双撃~』動画、導入日、スペック

  • 2012年07月18日
  • カテゴリ:パチンコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Daiichi(大一商会)が『CR餓狼伝説-双撃-』を発表しました、導入日は8月6日を予定しています。ニコ動で見たい方は続きよりー。


パワーゲイザアアアでお馴染みのテリー・ボガードが大活躍する「CR餓狼伝説-双撃-」が大一よりパチンコ化です。餓狼伝説と言えば 7月初旬に同名でパチスロ機の導入が開始されたばかり、
最近流行りのダブルリリースですねぇー。

さてさてこの機種の注目は、これから主流になるであろう「電チュー賞球1個タイプ」の新内規対応機で、その特徴を生かした高速消化が売り。確変中の変動は僅か0.268秒次回大当たりまでは“平均42秒”というかつてないスピードで消化されます。

秘密は確変中の右打ち時に通る「加速装置」にあり、これは「スルーゲート」と「電チュー」が一体化しているもので、ゲートを通過した玉がそのまま電チューへ入るという仕組みになっています。つまり球のこぼしが一切なくデジタル回転に直結し高速消化を生むという事のようです。

規定があるとは言え、ここまで来たら確変中は電チューを開きっぱなしにしたらどうだろうか?と提案したくなるところです。今後こういったパチンコが増えていくのは間違いないでしょう。

スペックは以下のように(※ニコ動より転載)
大当り確率:1/399.8(1/46.1)
確変突入率:80% 時短無し
賞球:3&1&10&14
ラウンド:4Ror実質8Ror16R
カウント:9C
出玉:約480個or950個or1850個

振分け
〔ヘソ/電チュー〕・16R確(実質8R)・・・34%/0% ・16R確(出玉無)・・・30%/0% ・16R確(出玉有)・・・0%/64% ・4R確変・・・14%/15% ・4R潜確・・・2%/1% ・4R通・・・20%

公式サイトはこちら▼
http://img.d777.jp/machine/pachinko/garo/

ちょっと前に大一がウリにしてた「早すぎるパチンコ」ってやつか
でもいいよースペックすごくいいよー
[ 2012/07/18 09:11 ]
時間効率がいいのは良いですよね
ただ当てられるかどうか・・・
[ 2012/07/21 00:48 ]
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。